べリンガーが何やら新しいシンセを開発したようで。

ちくしょう…。
どんなにルアーモジュール使っても
都内でGoした方が圧倒的だ…。

やぁどうも、私です。いろどりです。

安さ爆発ドイツの音響メーカー、
“Behringer"
新しいシンセサイザーの
ディザームービーを公開してます。
「ちょっとずつ見せてく手法」ですね。

ローランドの時もわくわくしたなぁ…。
実際に見てみましょう。



Vol.4まで公開中

つい先日、Vol.4が公開されましたね。
1~4までささっと並べました。


Vol.1


Vol.2


Vol.3


Vol.4

ちょこちょこ見えるコントロール系、
ツマミとフェーダーとボタンと
何やら色んな種類があります。
フェーダー好きなんですよ、フェーダー。
しゅーって上げ下げするのが楽しくて…。

外枠は木っぽいですね。
木のシンセって惹かれますよね!
miniMoogとかもう、カッコよくて…。

音は聞く限りなかなか良い厚みで、
どうやらポリシンセっぽい出音。
オールアナログかは分からないですが、
なかなかいい感じっぽい雰囲気あります。



期待できそう

過去にプラ個体のエフェクタを
ライブ中に踏んだ瞬間、
両端のパッチケーブルが

ス ポ ー ー ン !

と抜けた思い出があります。
ので、実は嫌いなメーカーです…笑

あれから何年も経っているので
まーどうなったことやら。
最近のべリンガーはさっぱりです。

でもiPadで遠隔操作に加え、
フェーダーの位置を記憶、
自動で動くミキサーの開発だったり、
結構頑張っているんですよね。
やっぱりお値段もお手軽だし。

物がいつ出るのかは分かりませんが、
ワクワクしながら待てるディザーでした。
まだかなー

BLOGPICKUP

Posted by ilodolly