オーケストラの打ち込みでなるべく自然に鳴らすためのテクニック5つ

09/10/2019

DTMでオーケストラ打ち込みやってると分かる「あー打ち込みだわー」っていう、あの感じ。

下手すると、まるっきりDAW触らない人でも分かっちゃう、機械的な鳴り方。すごーく嫌です。

あれを回避するためのコツを5つ、紹介します。


オーケストラの打ち込みを自然にするテク5つ

各楽器の音域内に納め、適切に鳴らし…っていうのもあるんですが、重要なのは下記5つです。

  1. ベロシティの調整
  2. エクスプレッションの調整
  3. モジュレーションの調整
  4. フレーズ、小節切り替わりに1/32拍子の空白
  5. 指揮者を意識してBPMを変更する

順に解説します。

ベロシティで音の強弱をつける

ベロシティの数値を変えると言わずもがな、音の強弱が変わります。楽譜でいうとこの、ピアニッシモやメゾフォルテといった部分になります。

特に気にしたいのが「強拍」「弱拍」という部分です。

楽譜上ではp(ピアノ、弱く)と合っても、「パイレーツオブカリビアン」のテーマみたいにリズミックな曲だと、全部同じベロシティではダメです。

単純な3連符であっても、頭の強拍と残りの弱拍に差をつける必要があります。これはなんとなく分かると思います。

また人間はそんな正確に一定の音量出せません。ので、「ヒューマナイズ」を使ってベロシティにバラツキを持たせます。そうすると、よりそれっぽくなります。

それから、ベロシティは100辺りを上限にしておきます。それ以上は音がバリバリ割れてくるので、使い方に注意が必要です。

エクスプレッションで音の強弱をつける

ベロシティと同じく、エクスプレッションでは音の強弱がつけられます。低い数値なら優しく演奏し、数値を上げれば強く演奏します。

「息の吹き込む量」あるいは「弓を引く強さ」です。0なら音は鳴らないし、最大の127にすれば全力で楽器を鳴らす。

動画の30秒あたりホルンがブワーッと来るところ、これがエクスプレッションの調節で行えます。

ストリングスもそうですが、ブラスは強く吹くと音が歪みます。「フォ〜」から「ブォ〜」「ブィ〜」になります。文字だと間抜けだな…。

この調整を行うのがエクスプレッションです。先ほどの音源のように、優しい音から激しい音に切り替えたり、あるいはフェードイン・アウトを行うのもエクスプレッションで出来ます。

もちろん使用する音源によっては、エクスプレッションがどう動くのかっていうのは変わります。マニュアルがあれば一度読んでください。

モジュレーションで音のダイナミクスをつける

エクスプレッションと併せて調節するのが、モジュレーションです。こちらはダイナミクスの調整が出来ます。

モジュレーションは基本、音量を調節できます。基本は音量だけなので、エクスプレッションみたいに音が変わることはないです。エクスプレッションが最大の「ブィ〜」という音の、音量だけが下がります。

基本的にモジュレーション、エクスプレッションは同じ数値、動きにした方が自然です。

似たようなパラメータの中に「ボリューム」がありますが、音の鳴り方、減衰の仕方が全然違います。

ボリュームを0にすると当然ミュートになりますが、モジュレーションはダイナミクスを変えるので「すっごく小さい音」「すっごくデカイ音」の調整になります。

ややこしいんですが、ボリュームは一度決めたらいじらない方がいいです。

もちろん、こちらも使用する音源によって仕様が異なります。マニュアルを読んでください。

フレーズ、小節切り替わりに1/32拍子の空白を入れる

完全に音をレガートにする場合はやらないんですが、連続する音と音の隙間をわざと作ります。

こうすることで、奏者が「次の音を演奏するぞ!」と呼吸する感じを作れます。

「指揮者がタクトを勢いよく振り上げた瞬間」というイメージです。特にフレーズ、小節の切り替わりなどに一瞬の間を設けると効果的で、演奏のまとまり、迫力、勢いがグッと増します。

休符という扱いではなく「ほんの一瞬の間」を作りたいので、BPMによっては1/64あるいは1/128拍子になるかもしれません。その辺は音をよく聴きながら、間を設けてみてください。

指揮者を意識してBPMを変更する

人間はメトロノームじゃないので、やっぱりリズムはブレます。そういった部分を再現します。

とは言っても、1曲通してブレブレにするのはめちゃくちゃ大変だし、一回崩れるとどこを直すべきかも分からなくなるので、BPMを一部分だけ変えます。

こちらも先ほどの「一瞬の間」と同様、フレーズの終わり、小説の切り替わり、トゥッティの前などの、3〜4拍目あたりで「BPMを2だけ下げる」ということをします。

指揮者がタクトを振り上げた瞬間の、ほんの少しテンポが遅くなる、ということをDAW上で再現します。

こうすると、オーケストラの呼吸を感じる打ち込みになります。

ただしこちらは注意が必要で、BPMが急に遅くなるとサンプリング音源の特性上、「一瞬音が変な鳴り方になる」ということが起こり得ます。

なので、極端なBPMの変更は避けてください。


打ち込みのコツまとめ-動画で解説

文章だけだとイマイチかなーと思ったので、動画で解説しました。13分そこそこと、ボリューム感満点になってしまいましたので、お時間ある時に。

より細かく解説すると文字量も動画も凄いことになりそうなので、紹介したテクニックは本当に触りの部分です。再三になりますが、音源によってパラメータの動きは変わりますし。

まとめると、

  1. ベロシティで音の強弱をつける、強拍弱拍を意識してリズミックに
  2. 長い音はエクスプレッションで強弱をつける
  3. 音のダイナミクスはモジュレーションでつける
  4. フレーズや小節の終わりには1/32拍子の一瞬の間を作る
  5. 一瞬の間やトゥッティ前にはBPMを2下げる

以上になります。ぜひおためしあれ。

BLOG

Posted by ilodolly