フリーランサーはちゃんと保険に入っておきなさい

私ilodollyはひたすら腹の弱い人種でして、夕飯を食うとほぼ確実に腹を下してしまいます。何食ってもダメ。

っていうことを医者に相談したら「じゃあカメラ入れてみよっか」ということで、さきほどその悪夢の様な検査から帰ってきました。放心状態です。

今回は入院にはならなかったのですが、保険って大事なんすねって実感したので、簡単に書いていきたいと思います。


フリーランスでも入院・死亡保険は入っときなさい

って言われてもピンとこないと思うんですが、理由は次の通りです。

・入院した時に保険屋からお金が来る
・仮に事故病気で死んだとして、家族に生活費・葬式代などが渡せる

この辺かなぁ。私の今回の例で書きつつ、「掛け捨て」「積立」の2種類についても書いておきます。

なぜ保険に入るのか

改めて保険を入る理由を書くと、

・入院時に保険会社から給付金が入る
・死亡時にお金が入る(自分の指定した人)

です。怪我病気で入院した際に、お金が入ってきます。また保険に入っている人が死んだ時に、その人が指定した相手にお金が入ります。それぞれの額はプランによります。

1日にかかる入院費は平均で2万円だそうです。もうこの時点で若干ナーバス気味ですね…3日入院しただけでKontaktの音源ちょっといいもの買えるよ…。
※月10万円を超える医療費は国の制度でなんとかっていうのがあるそうなんで、その辺はご自身で調べてください。

単純な話、入院保険に加入していると、入院の費用を大分抑えられます。私が今入っているものは1万円は給付されます。

また死亡保険は、仮に自身が事故やらで死んだとして、残った家族にいくらか入ります。母らは自分らの葬式代だーなんて言ってますが、確かにその通りで、葬式は絶対ですからね。家族葬とかでも。あとはご自身に妻、子供がいる人は生活費などになるって感じです。間違っても自分の保険金で機材は買えません。悔しいね!

別にこの辺、今更な説明ですが…まさか腹が痛いってだけで下剤2Lを朝から飲まされ尻からカメラ突っ込んで疲弊するほどの激痛と吐き気に耐える羽目になるとは思ってなかったし、何か見つかったらそのまま入院だった(結局なかった)ので、自分の収入などを考えるとやっぱり保険は考えておいた方がいいです。1万円はでかい。

…そういえば隣の50代くらいの人、ガンが見つかってたな。そう思うと怖いよね。またフリーランス…音楽系やっている人で30代前後って、徹夜続きが体に障ってそのまま…という話も珍しくはないじゃないですか…。

ちなみに保険は原則として、自分で手続きを行わないと加入できません。めんどくさくても自分でやろうね!

掛け捨てと積立

私は掛け捨てにしています。すっげえざっくりした違いは以下。

・掛け捨ては月額が安い、積立は高い
・掛け捨てはお金が帰ってこない、積立は帰ってくる

私のプラン(死亡+入院が最低限)で月2000円程度です。とりあえずくたばった時に金は入るし、入院したときもいくらか給付される。何やらガンの時は〜とかオプションが色々あったけど、本当に最低限のプランにしている。ただし、月に払う保険金は帰ってこない。

積立は逆に、何年後かにそれまで払ったお金が手元に帰ってきます。ただし月1万円程度と、積立と比べると高い。ちなみに返金率によって、受けられる保険の手厚さが変わる(返金率が高いと保険内容が薄い?)。

長〜い目で見ると、やっぱり掛け捨ての方が損です。毎月病院に行ったとしても、毎月入院するわけでもないし、まして毎月死ぬわけじゃないです。ただ、収入の安定しないフリーランスですから、掛け捨ての方が入りやすいというのが現実です。月2000円程度でとりあえず死亡、入院保険入れるとこあるから、探してみてください。


フリーランスは掛け捨てでいいから保険入っとけ

とても薄い内容ではありますが、保険についてでした。会社に所属して社会保険入ってる〜っていう方でも、生命保険はまた別で入るものなので、別にフリーランスだけに限った話ではないです。

今回は収入の面から考えて「掛け捨ての保険」をオススメしてますが、余裕があるならやっぱり積立の方が後々いいのかなーとは思います。もしもの時の保険、とはいっても金をただ毎月振り込んでいるだけの感覚っていうのも、ね。

一番いいのは健康であることです!大腸にカメラ入れるなんてことのないよう、健康に気を使いましょう…。

BLOG

Posted by ilodolly