自宅で(なるべく)良いミキシングをするための方法と宣伝

25/09/2019

本題の前にちょっと宣伝。
https://twitter.com/yllodoli/status/771235482474680320

以上です。

今日は私が受けているレッスンで
何度か自身の曲をレビューして頂いた時に、
よく言われた「ミキシングの方法」について
至極真面目に書いていこうと思います。

あると良いもの


なるべく色んな種類の音の出口。
密閉型、開放型ヘッドフォン、イヤホン、
モニタースピーカ、パソコンのスピーカ、
スマフォや車のスピーカも良いですかね。

とにかく色々あると良いです。
理由は次の項目で説明するとして、
私が持っているのは以下。

・開放型ヘッドフォン

Sennheiser HD650

前にもレビューしましたが、
高〜低音域がしっかり聞こえてきて
本当に良いヘッドフォンです。

・密閉型ヘッドフォン

Sennheiser HD205

こちらも前にレビューしましたね。
安物ヘッドフォンです。
聞こえる音域は狭い上、音漏れもなかなかです。
密閉とは。

・モニタースピーカ

これもリスニング用の安いものしか持ってないです。
リスニング用のスピーカの弱点は、
片方にしかアンプを積んでいないために
もう片方の出力が弱くてバランスが悪いということ。
なので、モニターにするものはちゃんと買いましょう。
オススメされたのは以下2つ。


聴き比べをしていないので分かりませんが、
たぶんフォーカルの方が
聞こえる音域広いんだろうし、
より音がクリアなんだろうな…と。

・その他色々と

私はMacbook Pro使っているので、
特に外部出力つけなくても音が出せます。

他には車のスピーカとかも使えたら良いのですが、
これはなかなか難しいですよね…。

ということで、
・ヘッドフォン2種類
・リスニング用スピーカ
・Macbookの純正スピーカ
以上を使ってます。

これらを使うミキシングとは


実にシンプルで、
ミキシングしたものをこれら全部で聞く
というものです。

ヘッドフォンを切り替えて…
スピーカをマシン純正のに切り替えて…
色んなもので聴きながら、
理想のバランスを作っていくんです。

変にストリングスが目立ってないかーとか
ブラスはどうかーとか、ですね。
フェーダの操作だけで大体いけると言われました。

いきなりこの方法やると基準がなくて辛いので、
私はとりあえずHD650であらかた決めて
そのあと色々切り替えながらフェーダいじります。
あくまでフェーダだけね。

加えて、2mixを作る際は
マスターのピークを-3dBにするかと思いますが、
マスターチャンネルにリミッターなどを使って
仮のマスタリングも行います

私の場合はLANDRの年間登録しちゃったので、
それを使ってます。
意外とマスタリングすると、
思ってたよりもやっとしてたりするので確認しましょう。

それから、小さい音での確認も行うと良いみたいです。
高音域出過ぎちゃってる楽器がよくわかります。

以上。


・・・という感じ。

すごーーーーーく地味だよね!!!

スタジオのでっかいすっばらしいスピーカで
ずがーんどかーんと音を鳴らしながらかと思いきや。
あっちこっち音の出るところを変えるだけという。

私なんかは終いには、
ヘッドフォンを首にかけながら
もう一つのヘッドフォンも首にかけながら
スピーカ切り替えて確認ーとかしてます。
首が蒸れる…。

広い音域、高解像度の音が出せるモニター
絶対にあったほうが良いです。
オススメはスピーカです。
ヘッドフォンより音の距離感とか掴みやすいので。
スピーカは金掛けろ。(説得力皆無

ぜひお試しください。
作品がもっと聴きやすいものになりますよ!

BLOG

Posted by ilodolly