ランサーズでフリーランスとして何回か仕事をして困ったこと

25/09/2019

ilodollyです。
親はインフルエンザ、姉家族もインフルエンザ。
いよいよ兄も体調不良を訴え始め、怪しい雰囲気。
私はおバカなので掛からず、元気です。

「ランサーズ」という、
フリーランスに仕事をぶん投げる
いわゆる「クラウドソーシング」のサイトがあるんですが、
今日はそこで仕事をもらってやってみたよって話です。

去年だったかにとりあえずアカウントは作ったものの、
作ったけど仕事できる気はしねぇなー…なんて
今日に至るまでほっぽってたのですが。

本当に偶然、良い案件に巡り合いまして、
11月はランサーズの案件をこなしていました。
その時に思ったことをぽろぽろ書こうと思います。


困ったことは3つ。

「あってよかった」「足りなかった」「少ない」。
大きくまとめて言うと、この3つなのかなと。
3項目に分けて詳細を書きます。

◯あってよかった

スカイプです。

依頼内容的に相手が文で表現しづらい部分があって、
スカイプでのやり取りが発生しました。
どうしても口頭で伝えないと難しいというか。

スカイプ繋がなくてもランサーズ上に通話機能があるみたいで、
まぁ別に無くても良いのかもしれません。
ただ慣れてるツールの方がいいよねってのは、ある。

ということで、スカイプがあってよかった。
でも通話は日中にして欲しいよね…夜中って…。

◯足りなかった

音源です。ソフトシンセ。
私は普段、オーケストラものばかり作ってるので、
バンドものの音源作ってくれって言われて
そりゃーもう、ものっすごく困ってしまいました。

・和楽器を使って欲しい
・ビッグバンドみたいなブラスが欲しい
・マンドリンが欲しい
・ベースでスラップして欲しい

こんな事がありました。ええ。
たまたま「Xpand!2」を買ってたから対応できたけど、
Kontaktにバンド向けのブラス音源入ってたけど、
何ができないのかなんてクライアントからしたら、ねぇ。
知ったこっちゃないわな。

という事があったのでなるべく広く対応できる様、
いろんな音源を持っておきましょう。
ギターは一番難解なので、弾けるやつに頼め。

◯少ない

やたら単価が安い上に件数が少ない
大手のゲームとか映像作品とかその他の案件は
コンプライアンス的に外注しづらいんでしょうかね。

単価が安くても数こなそう!とは最初思ってたんですが、
それなら別にフリー音源制作して公開した方が
ぶっちゃけ割に合うんですよね。
ちゃんと世に出て行くし。

よくある案件が、3000円そこそこで1曲という話。

ランサーズでは手数料が25%かかり、
もちろん税金が消費税と同じ8%かかるので、
クライアントが「3000円支払う」という計算だと
こっちに入るお金は2000円そこそこ。

相手からすれば「ちょっと使いたいだけ」程度でしょうけど、
打ち合わせして制作してリテイクしてーとなると
時間にしてほぼ1日使っちゃうんで、
どう考えてもこっちは作業量に対し額が見合わないですよね。
しかもそれを相手は理解してくれない…。

ですので1万円超える案件以外、
私はスルーしています。


今後どうでしょうかね

11月中に受けた仕事に関してはなかなか大変だったけど、
とりあえずクライアントが満足するものは作れたのかなぁと。

ランサーズだけでどうにかしようってのは無理なので、
一つの働き口としておさえておいて
いろいろな稼ぎ方を模索しないといけなさそうです。
がんばりましょう。

BLOG

Posted by ilodolly