ブラス(金管)音源おすすめ8選【DTM・打ち込みオーケストラ向け】

08/11/2019

打ち込みオーケストラのブラス音源、おすすめを8つ紹介します。

ブラスと一口に言っても実は奥の深い楽器なんですよね。大雑把に分けても、軽やかで線の細いクラシカルな音、最近のハリウッド映画にある“Braaam Brass"という派手な音があったり。

今回はやや幅広めに、おすすめのライブラリを並べてくよ。


Kontakt Playerが必須です

念の為、初めに買いておきますが、これから紹介する音源はKontaktで動作するものばかりです。

中には製品版じゃないと動かないものもあるのですが、無料版はとりあえず落としておいてくださいね。

https://www.native-instruments.com/jp/products/komplete/samplers/kontakt-6-player/

Cinematic studio brass

評判の良いストリングス音源“CSS"のメーカーが作る、小編成のブラス音源です。

音はやっぱり良い感じですね!温かみ、厚みがあって、派手めな音も出せると、使い勝手も良さそう。

編成数はHr4,Tr2,Tb2,Tu1にソロトランペット、ソロホルン、ソロトロンボーン、バストロンボーンを収録しています。ソロあるのは結構嬉しいね!

値段 $399
サンプラー Kontakt Player
どんな人向け? 使い勝手の良い音源を探している人
公式ページ http://www.cinematicstudioseries.com/brass.html

Spitfire studio brass

Symphonyもあるのですが、紹介する音源とのバリエーションを考えてStudioを出しました。

こちらもCinematic studio brass(以下CSB)同様、小編成のスタジオ音源です。

編成数や収録楽器はほぼ同じで、こちらはCimbassoが入ってます。バズーカみたいなやつで、ブァアアアアアン!!!!って鳴ります。楽しい。

ただこちらはCSBと比べて、音がクラシカルな細い印象。派手さより繊細さな感じ。



値段 $399(Professional版)
サンプラー Kontakt Player
どんな人向け? 繊細な音が欲しい人
公式ページ https://www.spitfireaudio.com/shop/instruments/brass/spitfire-studio-brass-professional/

Berlin brass

最高の音を求めるなら、オススメはやっぱりOrchestral toolsでしょうか。

編成数はHr4,Tp3,Tb2,B.TbとTu1と、ここまで紹介してきたスタジオシリーズとあまり変わらないのですが、何と言っても音の厚さ、きらびやかさ。最高だね!

ただ、お値段がすごい。しかも拡張パックがあるんだから、これまた凄い。全部揃えたらいくらするんだ…?

値段 €799
サンプラー Kontakt Player
どんな人向け? 派手さ、きらびやかさが欲しい人
公式ページ http://www.orchestraltools.com/libraries/berlin_brass.php

CineBrass Core

個人的にホルンの音が好きな音源。古い音源ながら、アップデートがある辺り、さすがだなぁって思います。

音的には映画劇伴を意識してか、厚みのあるきらびやか系。マイクポジションやエフェクタなど、音作りを音源側でできるというのは、なかなか面白いですね。

ただ、ノートの長さなどで奏法が切り替わる方式を採用しているので、打ち込む際は注意。

値段 $399
サンプラー Kontakt Player
どんな人向け? 映画の劇伴で聞ける厚みのある音が欲しい人
公式ページ https://cinesamples.com/product/cinebrass-core

Heavyocity FORZO

Modern Brassと謳っているように、大変モダンな音が出ます。

そりゃもう、最高に派手目なエピックな音が出ますとも。むしろそっちしか出ません。

ホルンやトランペット…と、フツーのライブラリとしても使えるけど、ループ音源も収録されているので、サクッと曲を作りたいときにも役に立ちそう。時短、大事。

値段 $549
サンプラー Kontakt Player
どんな人向け? 派手さを求める人
公式ページ https://heavyocity.com/product/forzo/

Adventure Brass

名前の通り、アドベンチャーな雰囲気の音が出る金管音源。編成数は中規模とだけ記載あるんで、たぶんこれまで紹介したものと同じくらい。

収録楽器数や奏法、マイクはちょっと少ないんですが、お値段と音質がいい感じなので推せる。

オススメはストリングスとのバンドル。明るくてハリのある、元気な音が好きな人はぜひ。

値段 $279単品/$399バンドル
サンプラー Kontakt製品版のみ
どんな人向け? 明るい、元気のある音が欲しい人
公式ページ https://www.musicalsampling.com/adventurebrass/

Infinite Brass

期待の新人…だと私は思ってる、Aaron VentureのInifite brass。

何と言ってもメモリやCPUの消費の少なさ。“LAPTOP-READY"と推している通り、ノートPCでもさくさくっと動くライブラリです。

キースイッチを採用していないからか、アタックがちょっと強い?のは難点。

値段 $449
サンプラー Kontakt製品版のみ
どんな人向け? 動作の軽い音源を探している人
公式ページ https://www.aaronventure.com/infinite-brass

Modern Scoring Brass

“LASS"でおなじみ、Audiobroの金管ライブラリ。音作りの広さで言えば、おそらく最高峰かな?と思います。

楽器数や奏法だけじゃなく、楽器の配置なんかもいじれるんで、ここに書くと大変なことになるくらい公式ページの情報量が凄いです。

値段 $599
サンプラー Kontakt Player
どんな人向け? とにかく音作りにこだわりたい人
公式ページ https://audiobro.com/modern-scoring-brass/

作りたい曲調で音源を選ぶと良い

結局どれがいい?というのは、やっぱり言い難いです。というのも、どれも音やターゲット層が違うから。

どんな曲が作りたいか、自分の好きな曲で鳴っているブラスはどんな感じか、という点を分析して、ベストなものを選んでくださいね!

BLOG

Posted by ilodolly