Waves”Diamond”を庶民が手を出すべきではない理由3つ

14/06/2019

20周年だのBlack Fridayだので、今年やたら散々な値段で売られているWavesのBundle、Diamond。Mercuryの次点、Platinumより上という立ち位置のバンドルです。

全く記事にしていないのにこのブログに訪問する人が後を立たないので、そんな諸君らに我々庶民がDiamondなんて物に手を出してはいけない理由を指南することにした。

セールだ!やったぜ超安くなってる、わーい!なんて手を出すと、失敗するぞ。「私、失敗しませんので」だって?…ふーんそうかいそうかい…そうかぁ、うーん…。


Wave Diamondを買ってはいけない理由

大体、理由は3つに分かれます。それぞれ解説していきます。

庶民は買っても良さに気がつかない

Wavesのバンドルは数あって、特に今回書くDiamondのようなざっくばらんに突っ込んでるシリーズは、Master、Silver、Gold、Platinum、Diamond、Mercuryとなる。

なんだよ、ダイアモンドからマーキュリーって。

それまで指輪の材質の話をして、彼氏が「リングはプラチナで、これは結婚指輪だしさ…ダイヤにしようか」なんてカッコつけたと思ったら、彼女は「は?水星よこせよ」って言うか?お前。なんでそんなお前、地球上の物の話ししてたのに惑星て。ヴィヴィアン・ウェストウッドもびっくりだよ。

ついでに言うと庶民はダイヤモンドとダイヤモンドカットの合成ダイヤの違いもわからない。炭素かき集めてダイナマイトで強引に圧縮して作るのが合成ダイヤらしい。後者は若干黄色いらしいが、これは脱線しすぎるのでやめる。

Diamondの一つ下、Platinumと比較するとどうだろうか。含まれるリミッターの量が違う、ピッチシフターやノイズフィルター系も増えてる。どうだ貴様ら、使うか?そんなに沢山のエフェクター。リミッターだけで6種類、コンプはいくつあるんだ?これ。X-noiseとか使いやすいぞ。俺は欲しいぞちくしょう。ちくしょう…なんでPlatinum買ったんだ…。

Mercuryと比較する。明らかなのはAPIシリーズがないこと、CLAやMaseratiなどのシリーズがないこと、Waves tuneもLiteだけじゃないこと。はぁ?充実しすぎだろ、なんだよこのバンドル。

とはいえ正直、Mercuryは何やら(私は)話にも聞かないシリーズを詰め込み過ぎてて、ぶっちゃけて容量食うだけに感じる。これならDiamondをポンと買って、Studio ClassicシリーズとWaves tuneを追加で買った方が財布にもマシン優しい気がしなくもない。

だがそんなもの庶民には豚に真珠、猫に小判。結局V-compとQ8とかRenaissanceシリーズ使って適当に使ってL2で整えるのが関の山ってところだろう。でもV-compって微妙なところで使いにくく感じるんだよなぁ…。

庶民は妥協して安い方にしてしまう

っていうか俺は知ってるぞ、貴様ら知ってるぞ。

「Mercuryは安くなっても$2999だけど、Diamondは$299だもんなぁ…(2017年11月現在)。じゃあDiamondで。」

とかって妥協してるんだろ!!それで批判してるタイトルの私の記事を検索の2ページ目にみっけて慰め程度に読みに来てるんだろ!!あれはフェイクだよ、ばーかざまぁみろ!!!あんなに検索ヒットするとは思わなかったよ、まじで。

そしてここでDiamondシリーズが「妥協」であることを教えてやるぞ、はっはーざまぁー。

それまでの金属名バンドルとの1番の違いはまず、「Center」というプラグイン。これは中央と左右の音量を別々に処理できるプラグインで、要はMS処理みたいなことができるものだ。私はストリングスやブラスなどに軽く挿したり、シンセをディレイ使って左右に振った時とかに挿してる。中央の厚みを調整できるから変にスネアやキック、ボーカルが埋まらなくて良い。便利だ!!!!

次はL3-LL Multimaximizer。これはマルチバンドコンプがついたリミッターで、変に出過ぎてる音域を整えたりできる、名前の通りマキシマイザーとして使う。リミッターなんて音圧上げるだけだろ…なんて思ってた愚かな私には衝撃的で、書き出す音源をなるべくフラットに出来るからオススメ。これも便利だ!!!!

WLM Plus Loudness Meter。昨今の問題であるラウドネスを簡単に解消できるプラグイン。サウンドクラウドとかようつべとかの、いわゆるストリーミング系ってのはラウドネス規格にうるさく、せっかく爆音で楽しめるように音圧あげてもあっちの都合で静かになることがある。それを回避するためのプラグインで、出過ぎた音量をTrimボタン、True Limitボタンであっさり整えてくれる。めっちゃ便利だ!!!!!他も色々便利だ!!!!!!!

当然、こんなに便利なプラグインはMercuryにも入ってるわけだが、30万円も出してらんねぇわな。まして惑星なんか買ってもうち、狭いし置けないし、移住するにしても私の数少ない友達は地球にいるわけだし。ダイヤはほら、手に乗せられるし。

じゃあDiamondでいいじゃん、金属シリーズより俄然、便利なもの入ってるし。Mercuryみたいに、充実していると見せかけて使うかも微妙なもの入ってないし。妥協じゃないもん。ねー。

庶民はそもそもダイヤモンドを知らない

MasterよりGold、PlatinumよりDiamondの方が内容が充実しているのは、なんとなく分かったと思う。そして何でも入ってるぜーって言うのがMercuryだというのも。

っていうかだ、そもそもダイヤモンドって何か知ってるか?と聞きたい。キラキラ光るのは職人によるブリリアンカットだって知ってるか?私はそんなこと知らん。

小学生か中学生の頃、「ダイヤモンドが一番硬いだもんねー」「バーカ炭素だから燃えるだろ、金が最強ー」とかっていう謎の喧嘩をした記憶がある。持ってないのにこんなこと言い出す上に、そも、なぜ家が火災にあうこと前提で喧嘩してたのか。

宝石の国が始まるとコミック全巻揃え、ダイヤモンドは靭性が小さいから割れやすい角度があって、しかも急な衝撃に弱いんだよ、とかって覚えてしまう。地球じゃ3番目だよ。ボルツの方が俄然硬いんだよ。ちなみに私はルチルとウェントリコススさんが大好き。ヤブ医者。

庶民ってちょっと知ると、上記の様なことをすーぐ言い出す。

セレブは違う。欲しいものを買って愛でる、飾る。あれはどこぞの国のなんちゃらさんから頂いたものでしてーとか、これはなんとかっていう人の誕生パーティに参加する時に手元が寂しかったらーとか、もう値段だの材質だのの話なんかしない。聞いててもよくわかんない。平気で百万単位の話をする。車買える値段じゃねえかそれ!こええよ、やめろよ!!

そういうもんなのだ。庶民は表面に囚われ、セレブは用途にこだわる。

ダイヤモンドなんて言われても真価はわからんのだ。価値が分からんのに手を出すなんて愚かなんだ。「へっへ〜ん!Black Fridayに乗じてDiamond買ったもんね!」なんてツイートしてみろ、殴るぞ。羨ましい。

Platinumより上位で安いなら持ってればよくない?確かにその通りだね。買おう。

ちなみに私はダイヤと聞くと、真っ先にハッチポッチステーションのダイヤさんしか浮かばない。ちょっときm…美人よね。


セールでWaves Diamondがお得、買いです

結論から言うと、買いです。はい、解散!!!

Diamondを持って置けばとりあえず困ることはないです。Platinumと比べると、やっぱり便利なものを沢山詰め込んでる。Mercuryと比べると、必要最低限に絞ってるというのを感じる。

欲を言えば、CLAやAPI、SSLといったヴィンテージものが入っていないという点。その辺は好みにも近いけど、音の柔らかさとか自然な感じとかがやっぱり違います。

また、オーケストラ系やってると思うのは、リバーブがどうしても充実していないこと。これはもう、全然別のプラグインを買った方がいいです。ホールをシミュレートし、かつポジションを選べるものとか。

Diamondをベースに、好きなものを買い足すのが今一番お得なんじゃないんでしょうか。その辺はまぁ、俺庶民だから知らんし。

BLOG

Posted by ilodolly